ED治療薬の選び方

現在個人輸入などで入手できるED治療薬はジェネリックも合わせるとかなりの数になります。効果の違いはもちろん、服用のタイミングや値段の違いなど、どういったED治療薬が必要なのか当サイトで見比べてください。

ED治療薬ジェネリックの個人輸入代行

ED治療薬は男性特有のコンプレックス対策に必須なお薬ですが、
なにぶん特別な成分と効果を持つ商品なため、一般的な医薬品と比べた場合、とても高価になっています。
ED治療薬に強い関心があるが、一錠あたり1000円オーバーな医薬品にはちょっと手が出ない、そう思う男性ユーザーがいらっしゃいます。
確かに一晩に1000円以上のコストが掛かっては、安心してED治療薬を飲み始められません。
EDのリスクは改善したが、毎晩のセックスに多額のお金が掛かる事態になっては、今度は金欠に苦しむ結果になります。

ただし、現在では嬉しい事に各ブランドのED治療薬にコストパフォーマンスの良いジェネリック医薬品が登場しました。
それぞれ有名な三大ブランドにお買い得なジェネリック治療薬が用意されており、一錠あたりの単価は新薬の3分の1から10分の1程度となっています。
一錠あたり250円から500円程度であれば毎晩気軽に服用出来るでしょう。
ジェネリック医薬品は主に個人輸入代行サービスから入手出来ます。

個人輸入代行サービスのHPにアクセスし、
気になるブランドのお薬を検索、それを通販宜しくお買い物カートに加えて、後は必要な情報をインプットすればOKです。
実際に個人輸入を自分一人で進めるのは困難ですが、
個人輸入代行サイトの力を借りれば、有名ブランドのED治療薬が迅速に輸入代行してもらえ、品物が自宅の玄関まで速やかに配送されます。
気になる決済もクレジットカードが使えますので、
素早く代金を支払え、個人輸入代行の利用が家族等に露見する恐れもありません。
ジェネリックの長所は本家と全く同一の医学的効果を持つ点です。
個人輸入代行サイトを使えば、新薬を普通の手段で手に入れるよりも安価に済みますし、継続的なED治療が低コストが実現します。