ED治療薬の選び方

現在個人輸入などで入手できるED治療薬はジェネリックも合わせるとかなりの数になります。効果の違いはもちろん、服用のタイミングや値段の違いなど、どういったED治療薬が必要なのか当サイトで見比べてください。

EDの違和感を感じたときには済生会へ問診に行く

EDだという違和感を感じたときには済生会へ問診に行くことが大事です。済生会は専門外来が存在しますし、EDだけではなく不妊治療も積極的に行っている病院であるため違和感を感じた段階で問診へ行けば問題を解決することが出来ます。
済生会へ行ってEDだと判断されれば専用の治療薬を処方してもらうことも可能です。もちろん、薬の種類に関しては適切な薬を貰うことが出来るため安心して診断を仰ぐことが大切です。
EDの違和感と言うのは年齢によって異なります。例えば、生まれつき一度も勃起をしたことがない人は身体機能そのものに問題が生じている可能性があるため、EDという可能性で検査を行うよりも不妊治療の一環として検査を行ったほうが賢明です。不妊治療の一環として検査を行えば単純に勃起を出来ないだけなのか、それとも精子を作る力そのものが存在しないのかを判断することが出来ます。前者の場合には治療薬によって回復させることができますが、後者の場合には手術などで経過も観察しなくてはいけません。
また、年齢による区別もあります。男性は年齢を重ねると必ず身体機能を低下させていくので勃起をする力が着々と弱くなっていきます。勃起をする力が弱くなってしまうと本人の意思とは無関係に性行為をする事が出来なくなってしまうので、こうした場合も薬を処方してもらわなくてはいけません。加齢になると血流が悪くなって陰茎海綿体に対する血液の働きが悪くなってしまうので必然的に勃起不全になります。そのため、この場合は病気と言うよりも自然の流れでそのようになってしまうと考えた方が正しいのです。
このように、EDと言っても状況は多種多様で異なるので病院に行ってしっかりと検査してもらうことが大事です。